バンコクにて、WHOご招待の国際会議

(招待状に書かれていた本国際会議の紹介)

色平先生
 
世界では、保健医療従事者(医者・看護師・助産師)の危機的な不足にあるといわれて
いる国が57カ国あります。
その57カ国を中心に、世界中より保健大臣を含め、1000名以上が集まる保健人材の会合
です。

WHO、GHWA,PMAC、JICAが共催するもので、
先生に送られた会議の招待状や、お話いただきたいセッションの招待状にすべての情報
が入っております。

@会議への招待状 Invitation to 2nd Global Forum on HRH/PMAC 2011 
for Dr. Irohira


===========
(出席者から寄せられた感想文)

ご苦労様でした。貴兄のご発言はなかなか感銘的でした。
かならずしも議題や質問に沿ったものではなかった面もありましたが、
国際会議とはそんなものだと思います。言うなれば異なる楽譜・音階による合唱です。
JICAを含めて日本の文化は完璧な斉唱を重んじるので、
国際合唱では妙に浮いてしまうことを、今回感じました。
貴兄の独唱はお見事。決して茶化しているのではありません。
国力とは自由闊達な個人の総和である、というようなことを福沢諭吉が
言っていたように思います。
貴兄の自由闊達、経験に根ざした哲学こそ、私のいうnoblesse obligeの
良い見本です。若い人たちを励ましてください。
これからもよろしくお願いします。
inserted by FC2 system